亜鉛不足から「うつ」症状が・・・亜鉛不足を改善させる食事のポイントとは!?

The following two tabs change content below.
作本 正次
西宮市のソフト整体院院長。 施術院では、ボキボキしないウトウト眠ってしまうほどの気持ちイイ~ソフト上部頚椎調整とソフト骨盤調整をメインに、どこに行っても治らなかった『首・肩こり、頭痛、自律神経失調症』に特化しています。 他にはない施術・考え方で、カイロプラクティック・身体の歪みだけでなく、栄養の事や健康的な考え方など『症状の改善はもちろん、1人でも多くの人を元氣にする事で、日本全体を元氣にしたい!!』と本氣で思い、日々施術と情報の発信を行っています!

脳トレのお時間です!

6+4=210
9+2=711
8+5=313
5+2=37
7+6=???

これは有名ですよね~(^^)

私自身、何回かこの問題を見た事がありますので、今日は簡単かもしれません!

中央カイロプラクティック院西宮の作本です。

さて、本当は前回の記事の鉄分不足から来る「うつ」症状を食事から改善させるには、「お肉」をしっかり食べなければいけない!?で、鉄分と亜鉛の事を書こうと思ったのですが、予定よりも鉄分の事で情報が多くなってしまったので、鉄分の内容と亜鉛の内容とをわけて書く事にしました。

今回は、亜鉛不足による「うつ」症状の説明と食事から改善させる方法です!

 

「うつ」症状を引き起こしてしまう亜鉛不足とは?

女性に鉄分不足が起こりやすいのに対して、亜鉛不足は男性に多い傾向があります。

亜鉛はアルコールを分解する時に必要になります。

男性は女性に比べて、アルコールに強く分量も多くなりがちです。(もちろん、お酒が飲めない男性・お酒が強い女性もいますが・・・)

また加工食品は、亜鉛の含有量が少なく、十分な量を摂取する事ができません。

毎日のようにお酒を飲み、食事はレトルト・冷凍食品ばかり・・・これでは亜鉛不足に一直線です。

現に、単身赴任して3ヶ月で「うつ」症状が出てきた男性の検査をしてみると、重度の亜鉛不足になっていたそうです!!

 

食事で亜鉛が不足すると・・・

亜鉛はセックスミネラルと呼ばれるほど、性機能を維持する働きをしています。

その為、亜鉛が不足すると男性の場合、精液・精子の減少や勃起不全が起こり、女性の場合だと月経異常や不妊になりやすくなります。

また亜鉛は味覚と関係があり、亜鉛不足は味覚異常を引き起こします。

初期段階では、濃い味付けのものを好むようになり、重度になると味を感じなくなります!

「うつ」の症状にも味を感じないという人もいらっしゃいます。

薬や他の病気の影響も考えられますが、味覚異常の約30%は亜鉛不足によるものと言われています。

亜鉛不足は免疫力の低下を招き、風邪をひきやすくなります。

肌がカサカサ荒れる・アトピー性皮膚炎・傷の治りが遅い・傷跡が残るといった皮膚のトラブルも食事から亜鉛不足が起こっている可能性があります。

爪に白い斑点が出来ているかどうか?これは今の食事では亜鉛が足りなくなってしまっている重要なポイントです!

 

亜鉛不足と低血糖症

亜鉛は血糖値を下げるインスリンの分泌を調整する役割を果たしています。

インスリンは、本来、血糖値の上昇とタイミングを合わせて分泌されるのですが、亜鉛不足はそのタイミングを狂わせてしまいます。

その結果、血糖値が不安定になり、低血糖症につながっていきます。

低血糖症=血糖値が低くなる病気ではない!!という事は、以前にもお伝えしましたよね?

血糖値のコントロールがうまくいかなくなると、食欲のコントロールにも狂いが生じます。

摂食障害に悩む人を調べたところ、半数以上が食事で充分に亜鉛が摂取されていない事がわかりました!

 

食事から「うつ」症状を改善!亜鉛不足はこんな事に気を付けよう!!

食事はお腹を満たすだけが目的ではありません!

食事の本来の目的は、栄養を摂取する事です!!

加工食品には亜鉛は含まれていませんので、加工食品で食事をしている状況を改善させなければなりません。

カップラーメン・レトルト食品・冷凍食品・スナック菓子・・・このようなものでお腹を満たしていては、いつまで経っても亜鉛不足から来る「うつ」症状は改善されません!

 

糖質過多の食事を改善させないとドンドン亜鉛不足が進み、「うつ」症状が悪化傾向に・・・

加工食品やスナック菓子の問題点は、糖質が多い事です。

糖質の過剰摂取が低血糖症になる話は上記でしました。

加工食品を摂る=糖質過多になる=血糖値を下げるようにインスリンを分泌させなければならない=バンバン亜鉛が使われる=亜鉛不足に陥る=「うつ」症状が出て来る・・・(-_-;)

との、方程式が成り立ちます。

つまり、加工食品は、亜鉛が少ない上にガンガン亜鉛を使ってしまう食品なのです!!

 

亜鉛不足から来る「うつ」症状を食事で改善させるには、何を食べれば良いの??

あなたは亜鉛と聞いて、どんな食材が思い浮かびますか?

私は断然・・・

先生
牡蠣

です!

他にも実は亜鉛は鉄分を含む食材に多く含まれている事がわかっています。

赤身のお肉やレバーなど、鉄分を摂るように心がければ、自ずと亜鉛不足も改善されていきます(*^^)v

またこれも鉄分と一緒でたんぱく質と一緒に摂取すると、亜鉛の吸収率がアップします。

 

亜鉛不足から「うつ」症状が・・・亜鉛不足を改善させる食事のポイントとは!?

亜鉛を無駄に消費させない事がまず大切です。

亜鉛を消費させてしまう糖質過多の食事を改善させましょう!

また加工食品も糖質過多になり、亜鉛不足を招いてしまいますね?

亜鉛の消費を抑えれたら、次に亜鉛を摂る食事に改善しましょう!

牡蠣もそうですが、鉄分の含まれている食品には亜鉛も多く含まれています。

赤身のお肉やレバーもしっかり摂るようにしましょう!!

 

前回の脳トレの答え

ずーっと車に乗っているのは、ナニ人でしょう??

答えは「エンジン」です(笑)

これ問題に「ナニ人」って書くのセコイですよね??

人やと思ってしまいますもん<`ヘ´>

日本人?アメリカ人?インド人??・・・って考えましたもん!!

次回はビタミンB群の不足による「うつ」症状についての説明と食事の改善方法をお伝え致します。

最後までご覧いただき、ありがとうございましたm(__)m

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

中央カイロプラクティック院西宮

0798-23-7772
午前:9時半~12時半
午後:15時半~20時

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

作本 正次

西宮市のソフト整体院院長。 施術院では、ボキボキしないウトウト眠ってしまうほどの気持ちイイ~ソフト上部頚椎調整とソフト骨盤調整をメインに、どこに行っても治らなかった『首・肩こり、頭痛、自律神経失調症』に特化しています。 他にはない施術・考え方で、カイロプラクティック・身体の歪みだけでなく、栄養の事や健康的な考え方など『症状の改善はもちろん、1人でも多くの人を元氣にする事で、日本全体を元氣にしたい!!』と本氣で思い、日々施術と情報の発信を行っています!