[永久保存版]ぎっくり腰の治し方と自宅で出来る5つの対処法を大公開!!

The following two tabs change content below.
作本 正次
西宮市のソフト整体院院長。 施術院では、ボキボキしないウトウト眠ってしまうほどの気持ちイイ~ソフト上部頚椎調整とソフト骨盤調整をメインに、どこに行っても治らなかった『首・肩こり、頭痛、自律神経失調症』に特化しています。 他にはない施術・考え方で、カイロプラクティック・身体の歪みだけでなく、栄養の事や健康的な考え方など『症状の改善はもちろん、1人でも多くの人を元氣にする事で、日本全体を元氣にしたい!!』と本氣で思い、日々施術と情報の発信を行っています!

暑いですね(*´Д`)今度の日曜日がセミナーでいてないので、今日期日前投票に行こうと思っています。

中央カイロプラクティック院西宮の作本です。

昨日にアップした記事で「ぎっくり腰」の話が出ましたので、ぎっくり腰についてお伝えしようと思います。

ぎっくり腰とは?

実は私も度々ぎっくり腰になっています(-_-;)

ぎっくり腰は急激に起こる腰痛で、欧米では「魔女の一撃」と言われているほどの強い痛みが出ます。

ぎっくり腰の原因は?

わかりやすく説明する為に少し誇張しますが、ぎっくり腰は仙腸関節(せんちょうかんせつ)の急激な離開が原因でなるとカイロプラクティックでは考えています。

CatⅡ

画像が良い感じに動いてくれてますね~(^^)

赤い所が仙腸関節です。

仙腸関節とは?

仙腸関節は、見て頂いたらおわかりいただけると思いますが、骨盤にある関節の事です。

本来ここには体重がかかる為、ある程度しっかりと安定してくれないといけません。

ですが、ぎっくり腰になると、この安定しないといけない仙腸関節がベリッと剥がれてしまいます!!

すると体重を支える部分がいきなりなくなるわけですから、急遽体は体重を支えようと、腰やお腹の筋肉をギューーーーーーッと緊張させます。なんとか筋肉を使って体重を支えようとするんですね~・・・

で、その結果筋肉が緊張して縮こんでいるわけですから、体が伸ばせなくなり、結果・・・

9b577c64fa8b89738cdf3c2ca32928c4_s

写真のように腰が伸ばせなくなります!

ぎっくり腰になったら・・・

急激に仙腸関節がはがれてしまうと、その中の方で毛細血管が出血を起こしています。 (炎症)

この状態の時にもんだり、温めたりするという事は、出血がドンドン広がっていく結果になります。=ひどくなるという事です。

出血を止める為に、その部分を冷やします。

それが止まってから、温めてリハビリをしていきます。

これがぎっくり腰の治療の鉄則です!!

[完全保存版]ぎっくり腰になったら・・・慌てずに自宅で出来るぎっくり腰の応急処置!

まずは出血を止める為に患部を冷やします!

袋に氷と、水・塩を少し入れる。(保冷剤や氷枕でも可)

素肌にタオルを1枚あてて、

20~30分冷やす

2~3時間離して休憩

再度20~30分冷やす

これを1セットとして、できれば1日3セットお願いします。

痛みが続いている時は、お風呂に浸からないようにお願いします。

※肌の強い人は、30分冷やす → 2時間休憩

肌の弱い人は、20分冷やす → 3時間休憩

ぎっくり腰になった時の自宅で出来る対処法①患部を冷やす事!

ここでぎっくり腰の時によくある質問!冷やすのに湿布は有効か?

先生
冷やして下さいネ!

ってお願いすると必ずと言っていいほど、

患者さん
湿布で良いですか?

って聞かれます。

まぁ、整形外科に行ったら「こんないらんやろ?Σ(゚Д゚)」ってぐらいもらいますもんね^^;

残念ながら湿布は、冷やしているのではなく、ただ冷たいだけです!

そんなに深部まで冷えて行っていないので、効果はありません!!

人間は成人で約60%が水分で出来ていますので、やはり人間の熱を取るのには同じ水分で取るのが一番効率が良いそうです!

[完全保存版]ぎっくり腰になったら・・・絶対にやってはいけない事!!

上記しましたように、延焼している状態でもんだり、温めたりは絶対にしないで下さい!

その他、してはいけないこと!!

①うつ伏せ

うつ伏せになると余計にぎっくり腰を起こしている原因の、仙腸関節がはがれていきます!
ぎっくり腰の状態でうつ伏せになると、起き上がれなくなる可能性があるので、絶対にしないで下さい!

ぎっくり腰になった時の自宅で出来る対処法②ぎっくり腰になった時は、うつ伏せにならない事!

②長時間座る

座っていると仙腸関節にダイレクトに体重が乗ってしまう為、余計にはがれてしまいます!

ぎっくり腰になった時の自宅で出来る対処法③ぎっくり腰になった時は、長時間座らない事!

③お風呂に浸かる

やはり皆さんなんとなく「温めると良い」と思っているようで、たまにぎっくり腰の状態で

患者さん
昨日、お風呂に浸かりました(*´Д`)

とおっしゃる方がいらっしゃいます。

とにもかくにも、今は出血を起こして炎症しているのを抑えたいので、絶対に温める事はしないで下さい!!

ぎっくり腰になった時の自宅で出来る対処法④ぎっくり腰になった時は、寒くてもお風呂に浸かって温めない事!

ぎっくり腰の痛みのピークは48時間~72時間

実はぎっくり腰は、ぎっくり腰になったその日よりも翌日の方が、または翌々日の方が痛みがきつくなります。

これは炎症のピークが48時間~72時間の為と言われています。

ぎっくり腰になった直後も相当痛いのに、さらに痛いのが翌日か翌々日に来るのって嫌ですよね?

そのピークを出来る限り今にする為に、上記の冷やす事を行ないます。

アイシングを上手く出来れば、炎症を抑えることができ、逆に翌日や翌々日には痛みがマシにする事が出来ます。

※以上の事をしっかりと行なえば、ぎっくり腰の場合、必ず長くても3日以内で痛みは治まる方向に向かってきます!

しかし、以前こんな事がありました!

初めて来院された男性の患者さんです。

患者さん
1週間前にぎっくり腰をして、いまだに痛みが続いています。
先生
1週間?ちょっとぎっくり腰の痛み引きずり過ぎやな~・・・ぎっくり腰じゃない事も疑わないといけないけど・・・とりあえず
先生
この1週間で何か治療受けました?
患者さん
マッサージに行きました!なんか腰が固まってる感じがあったので、ほぐしたら楽になるやろうと思って・・・
先生
それや!!

という事で、上記の事を説明して、アイシングと安静にしてもらうよう指導を行ない、3日後にまた来院していただく事に・・・

3日後・・・

先生
前回治療してみて、痛みどうですか?
患者さん
全く変わりません!!
先生
えっ?全く??全然マシになってないの?
患者さん
はい!
先生
え~?じゃあ、ぎっくり腰とちゃうんかな~??だったら厄介やな~・・・
先生
前回お話させていただいたように、アイシングしてもらえました?
患者さん
いえ、してません!!
先生
ん?なんで??
患者さん
いや、冷やしたら余計に固まってしまう気がしたんで・・・
先生
あ~そうか・・・僕の説明の仕方が悪かったんやな~・・・ちゃんと理解してもらえてなかったんや・・・

という事で、もう1度コンコンと「なぜ、冷やさなくてはいけないのか?」を説明し、再度3日後に来院していただく事に・・・

3日後・・・

先生
さすがにもう良くなってるやろ!?
先生
状態はどうですか?
患者さん
いや、痛いです!
先生
ウソウソウソ~ン!!
先生
冷やしてもらえました?
患者さん
いえ!!
先生
なんで??
患者さん
冷やしたら固まると思ったから!!

その日私は彼を治療する事無く、お帰りいただきました。

しかも、なんならこの間にまたマッサージに行ったって言ってたからね<`~´>

ぎっくり腰の治し方

ある程度動けるようになってくると、ぎっくり腰の施術を行ないます。

さすがにカイロプラクティックでも出血を止める事はできないので、仙腸関節をしっかりと締める施術を行なっていきます。

CCF20160706_00004

仙腸関節はだいたいこれぐらいの大きさの「面」関節になっています。

この中のどこか1点でも安定する部分が出てくると、症状が嘘のように楽になります。

しかし!!本来「面」で支えるべき所が「点」でしか支えていない為、ものすごく弱い状態です。

もし、この弱い状態の時に「治ったー!!」と思って施術を止めるとどうなるでしょうか?

またスグにぎっくり腰になりますよね?

それゆえに、ぎっくり腰は1回やるとクセになるって言われます・・・が、本当は違います!!

しっかり仙腸関節が安定出来るまで施術をするとクセにならずに済みます!!

その仙腸関節が安定するまでにかかる期間は6週間~8週間かかると言われています。

その間は、慎重に体の状態を見ながら施術を進めていかなければなりません!

ぎっくり腰をしっかり治す為には・・・

①安静にし、アイシングをしっかり行なう事。

②仙腸関節をしっかりと締める施術を受け、自分で勝手に施術を止めない事。

が、大切になってきます。

当院では、ギックリ腰専用のプログラムで早期に痛みを改善させ、その後のケアをしっかり行なう事で、再発のしにくい身体作りを行なっております!

ぎっくり腰にコルセットは有効か?

実は腰には腰の骨をサポートする「コルセット」と骨盤を締める「骨盤ベルト」とがあります。

ぎっくり腰の場合には、悪くなっている部分が骨盤の為、骨盤を締める骨盤ベルトが有効になります。

骨盤ベルトは、写真のようにコルセットに比べて細いのが特徴です。

ただし、骨盤ベルトは着ける場所に決まりがあります。

ぎっくり腰用ベルトの巻き方

①まず両手を「気を付け」の姿勢にします!
IMG_1747

②そこから上に上がってくるとポコンと膨らんだ骨に当たりますので、それを探して下さい。
IMG_1748

ポコン
※矢印の部分がポコンと膨れた所です。

③ポコンと膨らんだ骨は、図のように丸いので、膨らんだ所を通り過ぎると、今度は溝のように少し凹みます。
IMG_1749

凹んだ所

※矢印の部分が凹んだ所です。

④この凹んだ位置(もしくは気持ち上)にベルトの下のラインを合わせます。
IMG_1750

⑤大きく息を吸って→吸った状態で息を止める→息を止めている間にベルトを締める→ベルトを締めたら息を吐く。

この通りに行なうとちょうどベルトがぎっくり腰を起こしている仙腸関節の上を通る為、効率よくぎっくり腰を安定させる事が出来ます!

※骨盤ベルトは、この位置が重要になります。
着ける場所が上過ぎても、下過ぎても効果は半減してしまいますし、下手をすると悪化する事がありますので、場所を探すのが少し難しいかもしれませんが、しっかり位置を確認してください。

またどうしてもわからない場合は、是非ご連絡下さいネ!

ぎっくり腰になった時の自宅で出来る対処法⑤骨盤ベルトを正しい位置で巻く!

ぎっくり腰から起こる最悪のケース

ぎっくり腰の状態が安定したら、ぎっくり腰用の施術から、通常の施術に切り替えます。身体のバランスが整うと、ぎっくり腰が再発しにくくなり、また、重症化を防ぐことも可能です。

ぎっくり腰を3回繰り返す人の8割は、ヘルニアになると言われています。ぎっくり腰で手術をする人はいませんが、ヘルニアになると手術が必要な場合もあります。

手遅れになる前に、しっかり治しておきませんか?

ぎっくり腰になった時の対処法:痛く無くなったから治ったではなく、最後まできっちり施術を続ける事!

最後までご覧いただき、ありがとうございましたm(__)m

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

中央カイロプラクティック院西宮

0798-23-7772
午前:9時半~12時半
午後:15時半~20時

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

作本 正次

西宮市のソフト整体院院長。 施術院では、ボキボキしないウトウト眠ってしまうほどの気持ちイイ~ソフト上部頚椎調整とソフト骨盤調整をメインに、どこに行っても治らなかった『首・肩こり、頭痛、自律神経失調症』に特化しています。 他にはない施術・考え方で、カイロプラクティック・身体の歪みだけでなく、栄養の事や健康的な考え方など『症状の改善はもちろん、1人でも多くの人を元氣にする事で、日本全体を元氣にしたい!!』と本氣で思い、日々施術と情報の発信を行っています!