うつや自律神経失調症は、頭痛や腰痛など身体症状が始まりって知ってました?

先日、私の友人である『ひかる』さんが以下の内容のブログを更新されました。

 

以前、100記事達成!!ここまで支えてくれた仲間をご紹介!!の記事でご紹介させていただきましたが、友人の『ひかる』さんは双極性障害Ⅱ型という病を抱えていらっしゃいます。

 

そのような身体の状況から、ご自分の経験を基にメンタル系疾患についての情報をブログで発信されています。

 

上記で紹介した記事も『ひかる』さん目線、患者さん目線で書かれていますが、実際に自律神経失調症やうつ症状の方を施術している側の私とは少し目線が違いましたので、今回『ひかる』さんの承諾を得て、施術家側の目線で書かせていただきたいと思います。

 

うつや自律神経失調症の初期症状は『身体的不調』から始まる!

うつやうつ状態にある場合、主にうつや不安があると訴える人と、 頭や腰の痛み・だるさなどを訴える人とに分かれる。

身体症状を訴える人はそのまま自分のうつ状態に気づかないまま、 内科や整形外科といった一般の開業医を受診している。

日本のうつ病患者は73万人。うつ病、 うつ状態の潜在患者は230万人と推測され、 とても精神科だけではとらえきれないと言われている。

(平成29年6月24日「神戸新聞」より引用)

 

ひかるさんの記事より引用させていただきました。

 

いつもこのブログでお伝えしていますが、自律神経失調症やうつになるのに4つのストレスがあります。

 

・精神的ストレス(心がストレスを感じている。一般的に言う『ストレス』の事。)

 

・構造的ストレス(コリや痛み、身体のゆがみなど・・・身体のゆがみと自律神経失調症やうつとの関係についてはコチラ→うつ・自律神経・更年期の症状をカイロプラクティックでアプローチするには、『脳幹』の歪みを取り除く事が大切!

 

・栄養的ストレス(飲食物、薬、サプリ、環境汚染など・・・
自律神経失調症やうつ症状が出てる人が食べてはいけない食事をご紹介→食事から自律神経失調症を改善させる為に、絶対に食べてはいけない3つの食べ物とは?

うつ症状の方に是非摂ってほしい栄養素をご紹介→うつは脳の栄養不足が原因!?うつになりやすい4つの食生活パターンとうつに良い栄養素とは??

自律神経失調症の方に是非摂ってほしい栄養素をご紹介→自律神経失調症を改善に導く栄養素と食事・摂ってほしくないものまで全てを大公開!!

 

・環境的ストレス(温度や湿度など・・・俗に言うクーラー病なんかが典型的な例。)

 

4つのストレスについて詳しい説明はコチラ→なんか妙にイライラする!!それって自律神経の乱れが原因かも?自律神経を乱す4つのストレスとその解消方法とは?

 

構造的な問題も自律神経に負担をかけてしまい、そこからうつ症状に繋がって行ってしまいますので、今回の神戸新聞の記事は納得できますね。

 

ただ、頭痛のある人が・・・腰痛のある人が100%自律神経失調症やうつ症状が出るのか?と言われるとそうではないので、自律神経失調症やうつ症状を訴える人が元々身体症状もあったというのは結果論な気がします。

 

しかし、頭痛や腰痛などの身体症状をちゃんと施術せずに放っておくと、やがて自律神経失調症やうつ症状が出る事があるという事をお医者さんが認めたという事実は覚えておいて下さい!

 

大前提!自律神経失調症はうつの1歩手前な状態!!

 

下の図は僕が「首こり」をとれば90%以上完治するという東京脳神経センターの松井孝嘉先生の本からアレンジして作ったものです。

 

脳神経外科のお医者さんも身体の症状→自律神経失調症→うつ症状へと移行するという事を訴えています。

 

なので、通常はいきなり『うつ』になる事はありません。

 

必ず先に自律神経失調症の症状が出て、そこから『うつ』へと悪くなっていきます。

 

自律神経失調症の状態とは?

自律神経失調症になると、『やる気はあるが身体が付いて来ない』状態になります。

 

つまり心はまだOKですが、身体に不調が出ている状態です。

 

自律神経の交感神経が過剰に働き、副交感神経が働いていない状態になります。(交↑ 副↓)

 

なので、自律神経失調症の症状も心ではなく、身体に出て来ます。

 

自律神経失調症の代表的な症状とは?

・不眠

・めまい

・耳鳴り

・動悸

・過呼吸

・頭痛

・味覚障害

・まぶしい

・呼吸が苦しい

・飲み込み辛い

・食欲不振

・便秘、下痢

・高血圧

・起立性調節障害

・ジストニア

など・・・

 

交感神経が過剰に働いている状態なので、エネルギーを必要とし、糖を欲する。

 

胃腸が働くと副交感神経が働くので、無理やり副交感神経を働かせる為、過食になる。

 

つまり、過食も自律神経失調症の症状の1つになります。

 

うつの状態とは?

対して『うつ』は、『うつ状態』と『うつ病』とに分けられます。

 

『うつ状態』はまだ『うつっぽい』感じです。

 

やる気を振り絞れば出ます。自律神経失調症よりは、少し心が疲れている状態になります。(交→ 副↓)

 

『うつ病』はいわゆる『うつ』です。

 

身体も心も疲れ切ってしまい、全くやる気も出ない・起き上がれなくなる・自分ではどうにもならない状態になります。

 

この状態は交↓ 副↓ともダウンし、意欲の低下・興味関心の消失になります。

 

この2つが2週間以上続くと、心療内科で『うつ病』の診断となります。

 

うつの症状とは?

・全くやる気が起きない

・何に対しても興味が湧かない

・不安感

・自虐的な思考

・生きていてもしょうがないと思い、死にたくなる

・過剰なネガティブ思考

など・・・

 

上記で通常はいきなりうつにならないと書きましたが、例外もあります。

 

精神的ストレスが多いと、身体は嫌な事から逃げる為、体の感覚を鈍らせます。

 

つまり感受性がダウンしてしまっているので、自律神経失調症の症状が出ていない事があります。

 

まとめ

今回お医者さんがうつの前駆症状として、身体症状があると認めた事は大きな進展だと思います。

 

この事がもっと浸透し、身体症状まででしっかり食い止める事が出来れば、うつ病患者さんが減るのでは?

 

その為にも頭痛や腰痛、身体症状が主な自律神経失調症は私たち施術家がしっかり対応していかなければなりません!

 

当院では首の施術をメインに栄養指導も行い、自律神経バランス障害に対してアプローチしています!

1人で悩まないで、お気軽にご相談下さい。

 

最後までご覧いただきありがとうございますm(__)m

◇お店の場所はこちら!

お店の場所はこちらをご覧ください。(地図をクリックすると開きます。)

中央カイロプラクティック院西宮

〒662-0978
兵庫県西宮市産所町14-5 ニュートンビル西宮303
☎0798-23-7772

営業時間
9:30~12:30 15:30~20:00

休診日
木曜日・日曜日・祝日

JR神戸線:さくら夙川駅 阪神本線:西宮駅 共に徒歩4分
当店専用駐車場アリ(2台)

 

◇初めての方はこちらをご覧ください!

 

◇ご予約・お問い合わせはこちら!

当院は完全予約制になっておりますので、必ず予約をお願い致します。

メールでも24時間予約・お問い合わせ可能です。

 

 

◇施術料金について

当院では保険診療を行っておりません。実費診療になります。

「保険の使える所」をお探しでしたら他をお探しください。

 

ABOUTこの記事をかいた人

作本 正次

西宮市のソフト整体院院長。
施術院では、ボキボキしないウトウト眠ってしまうほどの気持ちイイ~ソフト上部頚椎調整とソフト骨盤調整をメインに、どこに行っても治らなかった『首・肩こり、頭痛、自律神経失調症』に特化しています。

他にはない施術・考え方で、カイロプラクティック・身体の歪みだけでなく、栄養の事や健康的な考え方など『症状の改善はもちろん、1人でも多くの人を元氣にする事で、日本全体を元氣にしたい!!』と本氣で思い、日々施術と情報の発信を行っています!