牛乳は体に悪いって本当??牛乳が体に悪い3つの理由を徹底解説!

雨が降るとセミが鳴かないので、今日はご機嫌です(^^♪

 

中央カイロプラクティック院西宮の作本です。

 

さて、皆さん・・・牛乳、飲んでますか~?

 

牛乳って体に悪いって情報は少しずつ皆さんの耳にも入ってきているのではないでしょうか?

 

当院の患者さんでも、今年の4月に小学生になる子のお母さんが・・・

 

[speech_bubble type=”drop” subtype=”L1″ icon=”2.jpg” name=”患者さん”]給食で牛乳が出るでしょ?でも、牛乳って体に悪いって言うじゃないですか??出来たら飲ませたくないんですよね~・・・[/speech_bubble]

 

っておっしゃっていました。

 

実は、日本人は牛乳ではカルシウムの摂取が難しい事がわかってきました。

 

カルシウムを摂っているつもりでもしっかり摂れていないと、自律神経失調症やうつに繋がります。

 

カルシウムは精神を安定させる作用があるので、それが不足すると精神的に不安定になりやすい為、自律神経が乱れてしまいます。

 

自律神経失調症について詳しくは↓↓自律神経失調症の症状と改善例!日本国民5%以上の600万人が悩む自律神経失調症という症状をプロが徹底解説!!

 

そこで今日は、なぜ昔は牛乳は体に良いから飲め飲め!言うてたのに、今は反対に牛乳は体に悪いから飲むな!って言うのか?を詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

牛乳が体に悪い原因①日本人の85%は、牛乳の糖質を分解できません!

牛乳に含まれている主な糖質の事を「乳糖」と呼びます。

 

この乳糖が分解されないのを「乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)」と言います。

 

以前は、遺伝による先天的異常のために、一部の子どもだけに見られる症状と考えられていましたが、1965年の研究の結果、白人の15%、黒人の70%が乳糖を消化できないことが確認されました。

 

これをきっかけに世界中の人々を対象に調査が行われ、乳糖が消化できずに、牛乳が体に悪い割合を調べたのが、次のグラフです。

 

CCF20160726_00000

この研究の結果、日本人の乳糖不耐症の割合は85%!!

 

牛乳を飲んだらお腹を壊したり、ゆるくなる方はいらっしゃいませんか?

私は少しゆるくなるので、乳糖不耐症だと思われます。

 

ですので、健康の為に!!とがんばって、牛乳を飲んでいても反対に体にとって悪い結果になってしまいます。

 

乳糖不耐症だと・・・

 

乳糖不耐症の人たちの60%~75%は、牛乳をコップ1杯飲んだだけでも胃腸障害を起こすおそれがあり、胃けいれん・腹部膨満感・放屁症状・げっぷなどの消化器症状が出てきます。

2294b421bb5060c531fd3920544824d9_s

また牛乳を消化できるかどうか?は遺伝的に決定されます。

 

牛乳が体に悪い原因②牛乳でカルシウムの摂取はできない!!

 

世界保健機関(WHO)が推奨している一日のカルシウム摂取量は400mg~500mgに対し、牛乳1Lには約1200mgものカルシウムが含まれています。

 

牛乳を1Lも飲めば、WHOが定めるカルシウムの摂取量は余裕でクリアできるわけです。

 

ですので、カルシウム不足には牛乳を飲みなさい!と言われています・・・

 

が!!!

 

実は牛乳には、カルシウムと深い関係のあるものがもう1つ多く含まれています。

 

それが「リン」というミネラルです。

 

なぜ、リンが多く含まれていると良くないのか?

 

牛乳に含まれているカルシウムとリンの割合は、カルシウム2対リン1よりも少し大きいのですが、リンは腸管内で、カルシウムと結合する為、カルシウムの吸収を阻害すると言われています。

 

多くの栄養学者が「カルシウムとリンの比率が2対1以下(例えば3対1とか4対1とか・・・)の食品をカルシウムの摂取源にするべきだ!と言われています。

 

不思議に思った事ありません?

 

昔に比べて確実に牛乳の消費される量は増えているのに、なぜ骨粗鬆症の方って増えているのでしょうか?

 

なぜ、今の若い子は骨がもろいって言われるのでしょうか?

255822

カルシウムの摂取よりも消費が激しいからって事も考えられますが・・・

 

給食には必ず・・・今日はパンじゃなくてご飯の日なのに、なぜか牛乳を飲まされるにも関わらず・・・

 

それは牛乳の成分ではなく、私たちの体が牛乳と合わない為です!

 

牛乳が体に悪い原因③大人になってまで牛乳を飲むことは自然な事ではない!

 

人間も元は動物ですので、やはり自然が一番です。

 

では、人間以外大人になっても牛乳を飲む動物ってな~んだ??

・・

・・・

・・・・

・・・・・

はい!時間です。

 

正解は、そんな動物存在しません!!でした(笑)

 

そうなんです、大人になっても牛乳を飲むのって、人間かペットの猫かぐらいなんです。

 

牛乳を作り出している牛ですら、大きくなると草を食べますよね?

 

大人になっても牛乳を飲むっていうのは、自然界からすると有り得ない事なんです!!

 

もう1つある牛乳が体に悪い原因③牛乳を飲むことは自然な事ではない!!

 

上記しましたように、牛乳って牛のおっぱいですよね?

 

それって人間が飲むものなんでしょうか??

 

人間のおっぱいは母乳です。

 

では、人間以外に他の動物のおっぱいを飲んでいるのって見た事あります?

 

たまにテレビで見たりしますが、基本的には牛は牛の、犬は犬の、人間は人間のおっぱいを飲むのが自然な事ではないでしょうか??

e31f6e80f07862d4e4159114c3159ca0_s

 

牛乳が体に悪い理由まとめ

 

ここまで牛乳が体に悪い原因を書いてきましたが、実はまだ医学の世界では「牛乳は完全食品で体に良いんだ~!!」って考えと、「牛乳は体に悪いんだ~!!」って考えとがあります。

 

両方共の意見の本を読んだり、牛乳を飲むとお腹がゆるくなる私自身の経験から、当院では「牛乳は体に悪い」というスタンスを取っています。

 

おそらく成分的に見ると牛乳は完全食品なんだと思われます。

 

ですが、人間(特に日本人)の体には合っていないという事なんじゃないでしょうか?

 

例えるならば、牛乳ってめちゃめちゃ美人(もしくはイケメン)なんじゃないでしょうか?

 

でも、いざ付き合ってみると自分とは全然性格が合わないみたいな・・・?感じ??

 

例えおかしい??わからん(笑)まぁ、そんな感じッス(>_<)

 

最後に今回「牛乳が体に悪い原因」を書くにあたり参考にさせていただきました本をご紹介致します。

CCF20160726_00001

(画像をクリックすると、「牛乳には危険がいっぱい?」のAmazonページに飛びます。)

 

著者も最近では「牛乳も特定の人には良いが、特定の人には悪い」との意見になっているようです。

 

僕は「特定の人には悪い」の方には「日本人」が入ると思っています。

 

それは上記しましたように、乳糖不耐症の人が圧倒的に多い事からです。

 

しかし、牛乳が好きで飲んでます!!って人には、わざわざそれを止めろ!とは言っていません。

 

ただ、カルシウムを牛乳から取ろうとすると、日本人には合わないので、牛乳でカルシウム摂取を考えるよりも、豆・海藻・小魚で摂る方が効率よくカルシウムを摂取する事が出来ますので、そちらをオススメしています!

 

カルシウムをいくら摂っていても、身体から出てしまっていては、何の意味もありません(´Д`)

 

お風呂の栓をせずにお湯を入れているようなモノです!

 

こちらでは、カルシウムが身体から出て行ってしまう原因について、僕の見解を書いています。是非、ご覧ください→自律神経を乱し、うつをも引き起こす恐怖の白砂糖!!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございましたm(__)m

◇お店の場所はこちら!

お店の場所はこちらをご覧ください。(地図をクリックすると開きます。)

中央カイロプラクティック院西宮

〒662-0978
兵庫県西宮市産所町14-5 ニュートンビル西宮303
0798-23-7772
営業時間
9:30~12:30 15:30~20:00
休診日
木曜日・日曜日・祝日

JR神戸線:さくら夙川駅 阪神本線:西宮駅 共に徒歩4分
当店専用駐車場アリ(2台)

 

◇初めての方はこちらをご覧ください!

 

◇ご予約・お問い合わせはこちら!

当院は完全予約制になっておりますので、必ず予約をお願い致します。

メールでも24時間予約・お問い合わせ可能です。

 

 

◇施術料金について

当院では保険診療を行っておりません。実費診療になります。
「保険の使える所」をお探しでしたら他をお探しください。

 

ABOUTこの記事をかいた人

作本 正次

西宮市のソフト整体院院長。 施術院では、ボキボキしないウトウト眠ってしまうほどの気持ちイイ~ソフト上部頚椎調整とソフト骨盤調整をメインに、どこに行っても治らなかった『首・肩こり、頭痛、自律神経失調症』に特化しています。 他にはない施術・考え方で、カイロプラクティック・身体の歪みだけでなく、栄養の事や健康的な考え方など『症状の改善はもちろん、1人でも多くの人を元氣にする事で、日本全体を元氣にしたい!!』と本氣で思い、日々施術と情報の発信を行っています!