首から来る自律神経失調症・うつ・更年期障害専門整体院

中央カイロプラクティック院西宮

☎0798-23-7772

〒662-0978
兵庫県西宮市産所町14-5 ニュートンビル西宮3F(国道2号線沿い)

JR神戸線:さくら夙川駅・阪神本線西宮駅から徒歩4分

 

「若年性更年期障害」チェックリスト|更年期障害と症状は同じ?違う?

このような症状でお悩みではありませんか?
  • 汗をかきやすくなった。また『のぼせ』や『ほてり感』がある・・・
  • 最近すごくイライラしやすくなった・・・
  • 最近、急激に抜け毛や白髪が増えた・・・

 

 

『なんだか最近体がダルくてしんどいな~・・・なのに全然眠られへんし、なんだか食欲もない・・・だからかな?イライラしやすいのは・・・いろいろ調べてみたら更年期障害に当てはまる事が多いねんけど、でもまだ私30代やで!』

 

『自律神経失調症専門整体』中央カイロプラクティック院西宮の作本です。

 

更年期障害と言えば、更年期(45歳~55歳)に起こる様々な心身の不調の事を言いますが、実は今20代~30代の女性に若年性・・・更年期障害が急増しています!

 

冒頭の症状に心当たりのあるあなた!もしかしたら、若年性更年期障害かもしれません・・・

 

『えっ?更年期障害って閉経によるホルモンバランスの乱れで起こるんじゃないの??』

 

『なんで20代や30代で、まだ閉経じゃないのに、更年期障害になるの?』

 

って方も多いと思います。

 

確かに若年性更年期障害ってあまり聞いた事ありませんよね?

 

まずは若年性更年期障害ってどういう症状なのか?について解説していきます。

 

20代30代女性に起こる、更年期障害に似た症状とは?

更年期障害とは、本来45歳~55歳ぐらいの時に閉経によるホルモンバランスの変化で起こる様々な症状の事を言います。

 

その更年期障害の症状を20代や30代などで訴える事を『若年性更年期障害』や『プチ更年期障害』と呼んでいます。

 

具体的に若年性更年期障害になると、どのような症状が出てしまうのか?チェックリストを作りましたので、あなたの症状と照らし合わせて下さいネ!

 

5つ以上当てはまれば要注意!若年性更年期障害チェックリスト

  1. 生理不順・生理痛がある。
  2. 不眠・寝つきが悪い。
  3. なかなか治らない首、肩こり・頭痛に悩まされている。
  4. めまい・耳鳴りがある。
  5. 汗をかきやすい・のぼせ・ほてり感があるのに、手足は冷えている。
  6. 体が異様にダルイ・疲れやすい・寝ても疲れが取れない。
  7. 便秘・下痢
  8. トイレの回数が増えた!
  9. イライラしやすくなった。
  10. 食欲がない。
  11. 抜け毛や白髪が増えた。
  12. お肌の感想や肌荒れがひどい。
  13. 動悸・息切れ・息苦しい感じがある。
  14. 趣味などに対して、興味・関心が無くなった。
  15. 『うつ』のような症状(やる気が出ない、記憶力・集中力・判断力の低下、人と接するのが嫌になった、笑わなくなったなど・・・)

 

5つ以上当てはまれば、『若年性更年期障害』の可能性があります。

 

では、なぜ更年期でもないのに、更年期障害の症状が出てしまうのでしょうか?

 

若年性更年期障害の原因について解説していきます。

 

5つ以上チェックが付いた方は必読!若年性更年期障害になってしまう原因とは・・・?

若年性更年期障害は、更年期障害と同じでホルモンバランスの乱れが原因ですが、閉経によるものではなく、病気や自律神経の乱れにより引き起こされます。

 

甲状腺の病気

甲状腺の病気は、甲状腺の働きが強過ぎて起こる場合と、働きが弱くなってしまう事で起こる場合の2種類あり、それによって出て来る症状は違います。

 

甲状腺の働きが強くなる事で起こる症状には、疲労感やダルさ・イライラ・汗をよくかく・暑がる・脈が早い・眠れない・息切れ・微熱・髪の毛が抜ける・トイレの回数が多くなる・眼球が出て来る・・・などです。

 

反対に甲状腺の働きが弱くなってしまうと、疲労感やダルさ・汗が出ない・寒がる・脈拍が少ない・気力がない・記憶力の低下・常に眠たい・髪の毛が抜ける・便秘・動作が鈍くなる・・・などです。

 

甲状腺の病気はホルモンバランスの乱れを起こしますので、若年性更年期障害と似たような症状になってしまいます。

 

当院のある兵庫県西宮市の2つ隣に神戸市があります。

 

神戸市には甲状腺で有名な病院がある為か?当院にも甲状腺の病気を患っている方が多く来院されています。

 

比較的若い方も甲状腺の異常がある事がありますので、若年性更年期障害かな?と疑っている方は、まず・・甲状腺に異常がないかどうか?をチェックしてもらう事をオススメします。

 

卵巣機能不全

卵巣の働きが悪くなってしまう事により、卵巣から分泌される女性ホルモンが減少してしまいます。

 

すると、閉経を迎えたような体の状態になり、更年期障害の症状が出て来ます。

 

卵巣機能不全は、卵巣の何らかの病気で起こる事があります。

 

生理出血が1週間以上続いたり、生理周期が39日以上あったり、無月経・無排卵などの症状も伴う事が多いですので、若年性更年期障害の症状に当てはまり、このような症状も伴っている時は、一度婦人科を受診下さい。

 

しかし、若年性更年期障害は、このような病気だけが原因で起こるわけではありません。

 

病院で診てもらったけど異常が無かった・・・そんな時の若年性更年期障害の原因をチェック!

①月経前症候群(PMS)・月経前不快気分障害(PMDD)

月経前症候群とは、生理の3~10日前に体に出て来る不快な症状の事で、月経前不快気分障害は、生理前にイライラや不安感・抑うつなど精神面に症状が出る事を言います。

 

どちらにしても生理が始まると症状が軽減されるのが特徴なので、一時的に症状が出る形になります。

 

②自律神経失調症

自律神経には、興奮した時に働く『交感神経』とリラックスした時に働く『副交感神経』の2種類あります。
(自律神経について詳しくはコチラをご覧ください。→自律神経とは?体と心に与える影響を簡単にわかりやすく解説!

 

実は、ホルモンバランスは自律神経によって行われています。

 

なので、自律神経が乱れると必然的にホルモンのバランスも乱れてしまい、若年性更年期障害になってしまいます。

 

では、若年性更年期障害になってしまったら、一体どうすれば良いのでしょうか?

 

若年性更年期障害になったらどうすれば良いの?その対策・改善策をチェック!

若年性更年期障害の症状が出ているのに、何も病気が無かった場合、多くは自律神経の乱れが原因になっています。

 

自律神経は内臓をコントロールする神経なので、自律神経が乱れる事で卵巣の働きが悪くなり、卵巣機能不全になる事があります。

 

また自律神経は、ホルモンのバランスにも影響を与えるので、月経前症候群や月経前不快気分障害になってしまいます。

 

では、自律神経を乱してしまう原因は一体何なのでしょうか?

 

自律神経を乱してしまう原因は『ストレス』ですが、その『ストレス』には4種類あるのをご存知ですか?

①人間関係や仕事など『精神的なストレス』

②ゆがみやコリ・痛みなど『体からのストレス』

③砂糖やカフェインなど『偏った食事のストレス』

④急激な温度の変化など『環境的なストレス』

 

自律神経を乱す4つのストレスについては、「うつ」や「自律神経失調症」の原因になる4種類のストレスとは?をご覧ください。

 

何か大きく精神的にストレスがかかった事は無かったか?

 

食事は偏っていないか?体にとって不必要なモノを食べていないか?
自律神経に関する栄養の事を書いた記事はコチラの2つです。↓↓

食事から自律神経失調症を改善させる為に、絶対に食べてはいけない3つの食べ物とは?

自律神経失調症を改善に導く栄養素と食事・摂ってほしくないものまで全てを大公開!!

 

この2つはチェックしていただきたいのですが、この4つの中でも最も重要視してほしいのが、②の『体からのストレス』です。

 

実は、首や骨盤の歪みが若年性更年期障害には大きく関係しています・・・

 

なぜ、若年性更年期障害の症状が出たら、首と骨盤の歪みをチェックするのか?

骨盤の歪みをチェックする理由

骨盤の中に子宮や卵巣が入っています。

 

骨盤が歪むと、骨盤内の血流が悪くなり、子宮や卵巣の働きが悪くなってしまいます。

これにより必要な量のホルモンが分泌されず、月経前症候群や不快気分障害、卵巣機能不全へと繋がり、若年性更年期障害の症状が出て来ます。

 

首の歪みをチェックする理由

頭と首の結合部の奥に『脳幹のうかん』と呼ばれる器官が入っています。

 

脳幹は、自律神経やホルモンのコントロールセンターになります。

 

首の歪みは、脳幹の働きを狂わせ自律神経やホルモンのバランスを乱してしまい、若年性更年期障害の症状が出て来ます。

 

「若年性更年期障害」チェックリスト|更年期障害と症状は同じ?違う?まとめ

若年性更年期障害のチェックリストで5つ以上当てはまれば、まず甲状腺や卵巣に何らかの病気がないか?のチェックを病院でしてもらって下さい。

 

そこで何らかの病気が見つかっても見つからなくても、絶対に諦めないで下さい!

 

先ほどもお伝えしましたように、当院には甲状腺の病気を患っている方が多く来院されていますが、皆さん元気に日常生活を送っています。

 

骨盤や首の歪みを調整し、自律神経やホルモンのバランスが整えば、病気があっても若年性更年期障害の症状は改善される事も多くあります。

 

チェックリストで5つ以内の方・・・

 

1つでも症状が出ているという事は、体に対して何かしらの『異常がある』という事ですので、

 

大事に至る前に早めの対処をして下さいネ!

 

若年性更年期障害ってどこで診てもらえば良いのか?イマイチわからないですよね?

 

そんな方にはコチラの記事がオススメです。→若年性更年期障害・自律神経失調症・うつの違いって何?どこで診てもらえば良いの??

 

若年性更年期障害に当てはまるけど、何も病気が見つからずもしかしたら自律神経失調症やうつなのかもしれない・・・と不安な方、まずはお気軽にご相談下さい。⇓⇓

❏お名前 (必須)

◇当院の場所はこちら!

当院の場所はこちらをご覧ください。(地図をクリックすると開きます。)

中央カイロプラクティック院西宮

〒662-0978
兵庫県西宮市産所町14-5 ニュートンビル西宮303
☎0798-23-7772

営業時間
9:30~12:30 15:30~20:00

休診日
木曜日・日曜日・祝日

JR神戸線:さくら夙川駅 阪神本線:西宮駅 共に徒歩4分
当店専用駐車場アリ(2台)

 

◇初めての方はこちらをご覧ください!

 

◇ご予約・お問い合わせはこちら!

当院は完全予約制になっておりますので、必ず予約をお願い致します。

メールでも24時間予約・お問い合わせ可能です。

 

 

◇施術料金について

当院では保険診療を行っておりません。実費診療になります。

「保険の使える所」をお探しでしたら他をお探しください。

 

『どこに行っても治らなかった』、『なるべく薬に頼りたくない』そんなお悩みのうつ・自律神経失調症の方必見!

 

自律神経失調症やうつは、『心』や『性格』が原因じゃなかった!?

 

うつ・自律神経失調症を引き起こす意外な原因~原因別の対象法まで全てを網羅!

 

自律神経失調症・うつを薬を使わずに改善させる5つのポイントを無料でプレゼント!

 

ABOUTこの記事をかいた人

作本 正次

ソフト整体院中央カイロプラクティック院西宮院長。 当院では医療機関と提携し、頚椎(首)のレントゲン撮影を行い、安全を確認してから施術を行ないます。 またそのレントゲン写真を最小0.5mm・0.25度単位まで歪みの分析を行い、ボキボキしないソフト上部頚椎調整(アトラス・オーソゴナル法)をメインに、どこに行っても治らなかった『自律神経失調症・うつ・更年期障害』に特化しています。 カイロプラクティック・身体の歪みだけでなく、栄養の事や健康的な考え方など『症状の改善はもちろん、1人でも多くの人を元氣にする事で、日本全体を元氣にしたい!!』と本氣で思い、日々の施術に奮闘中!