だまされるな!!高血圧のワナ・・・オススメ本の紹介

The following two tabs change content below.
作本 正次
西宮市のソフト整体院院長。 施術院では、ボキボキしないウトウト眠ってしまうほどの気持ちイイ~ソフト上部頚椎調整とソフト骨盤調整をメインに、どこに行っても治らなかった『首・肩こり、頭痛、自律神経失調症』に特化しています。 他にはない施術・考え方で、カイロプラクティック・身体の歪みだけでなく、栄養の事や健康的な考え方など『症状の改善はもちろん、1人でも多くの人を元氣にする事で、日本全体を元氣にしたい!!』と本氣で思い、日々施術と情報の発信を行っています!

昨日の記事に多くの反響をいただき、ありがとうございます。 中央カイロプラクティック院西宮の作本です。

昨日の記事である【大暴露!!】「うつ病」は薬を売るため??実は抗うつ薬のほとんどが無意味という事実!!

に続きまして、薬の事に関する内容です。

今日また週刊現代さんが薬の事を取り上げていました。

週刊現代表紙週刊現代中身

最近、週刊現代さんでシリーズのように、薬による弊害、西洋医学の批判的な記事が立て続けに上がっています。

実は、昨日の記事の参照元も現代さんでした。

「うつ病」は薬を売るための病名だった!? 実は投薬のほとんどが無意味だと医者は知っている

そして、これは2週間前ですが、友人の先生がその時の週刊現代の写真をアップされていましたので、拝借します。

週刊現代(2週前)

ここまで立て続けにこのような記事が上がるって事は、何か裏があるのでしょうか?

今まではこのような内容の事はタブーとされてきました。

ですので、私のような立場の人間や東洋医学的な発想を取り入れていらっしゃる方は「薬って良くない」という事を知ってはいても、一般的にはまだまだ浸透していない状態でした。

今もまだ浸透はしていませんが、このような一般誌に薬を害と見做す記事が出るのはスゴイ事だと思います。

高血圧のワナ

あなたは血圧の正常値ってご存知ですか?

日本では高血圧専門医が中心となって構成される「日本高血圧学会」という所で基準を決めています。

そこでは正常な血圧を「最高血圧130未満、最低血圧85未満」と定めています。

しかし、2014年4月に人間ドック協会が新たに発表した正常値の上限は、 「最高血圧147、最低血圧94」と17も引き上げになりました。

こんな発表があった事、あなたご存知でした?

知りませんでしたよね??

なぜか???

だって、この血圧17の間に何人の人間がいてるんでしょうね??

この17の中に入っている人たち、今までは「高血圧症」の病名が付いて、高血圧の薬を飲んでくれ大事な大事なお客様なんですもん!!

莫大な人数が病院に行かなくて良くなるんですもん!!薬飲んでくれなくなりますもん!!儲けれなくなりますもん!!!
じゃあ、言わなくてよくね??ってなりません??

年齢や性別を考慮していない血圧基準!!

見出しにもあるように日本の基準では、若者もご高齢の方も、男性も女性も、皆右へ倣えで同じ血圧じゃないとダメって事です。

さらに言うなら体格だって違いますよね?

2mある人もいれば、140cm代の小柄な人もいてます。

細身の人もいてれば、ふくよかな方もいらっしゃいます。

そういう事もある程度考慮してこその基準ではないでしょうか?

米国では「60歳以上では上が150以上」となっているようです。

日本でも昔は「年齢+90」までが正常値ってされていたんですよ!

昔の基準の方が世界基準なのではないでしょうか?

またアメリカの論文誌では、 「最高血圧は185まで上がっても大丈夫」という研究結果が出ているようです。

CCF20160627_00000

血圧に関しましては、こちらの本を参考にさせていただきました。

興味のある方は是非一度お読みください。

「血圧147で薬は飲むな」Amazonページ

私、作本正次が思う薬の害

私の行っているカイロプラクティックは基本的に「症状を追うな!」と言われます。

カイロプラクティックは、歪んでいる背骨を真っ直ぐに戻し、脳からの神経伝達をスムーズにさせ、自然治癒力を100%引き出す事を目的にしています。

簡単に言うと、身体を健康に導けば、結果的に症状って無くなるやん!って発想です。

その場で結果が出る事もありますが、多くの場合「治る」のにそれなりの時間を要します。

例えば、指を切りました。血が出ますが、やがて出血も治まり、かさぶたになり、かさぶたがめくれ、また怪我をする前のような状態に戻ります。

ここまで戻るのに数日はかかりますよね?

それが症状として何か月・・・何年も長期に渡って出ていると、その悪癖を治していくのに時間がかかってしまいます。

しかし、何年も症状が出ているにも関わらず、1回・2回の施術で思うような効果が見られない場合、諦められる方が多いように思います。

薬を飲むと瞬間的に痛みが止まったり、熱が下がったりと身体の変化が起こります。

それに慣れてしまっている方は、やはりどれだけ症状があっても「治療を受ければスグに良くなる」と勘違いされています。結果、どこに行っても良くならないので、治療院巡りをする事になってしまいます。

身体の症状と言うのは、あなたの歴史です。

間違った歴史を積み上げた結果、症状や病気として表れています。

あなたが生きてきた証をたった1回の施術で全て無かった事にはできません。

それをやってのけてしまうのが、薬です!

しかし、薬も決して治しているわけではなく、一時的に症状を抑えているに過ぎません。

きつい言い方をするかもしれませんが、今、この瞬間にとりあえずこの痛みを取ってくれ!!と言われれば、私は迷うことなく「それならば痛み止めを飲みなさい」と言います。

この要望に応えるには、薬を飲ませるのが一番だからです。

身体を治す・健康にするという事と、痛みを取るという事は別問題です。

痛みが無い=治った・健康になったというわけではありません。

しかし、健康になれば=痛みが無くなっていくのではないでしょうか?

私はそのような思いで日々の施術にあたり、またここで情報を発信し、皆さんに問いかけをしています。

少しでも読者の健康に役立てれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

中央カイロプラクティック院西宮

0798-23-7772
午前:9時半~12時半
午後:15時半~20時

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

作本 正次

西宮市のソフト整体院院長。 施術院では、ボキボキしないウトウト眠ってしまうほどの気持ちイイ~ソフト上部頚椎調整とソフト骨盤調整をメインに、どこに行っても治らなかった『首・肩こり、頭痛、自律神経失調症』に特化しています。 他にはない施術・考え方で、カイロプラクティック・身体の歪みだけでなく、栄養の事や健康的な考え方など『症状の改善はもちろん、1人でも多くの人を元氣にする事で、日本全体を元氣にしたい!!』と本氣で思い、日々施術と情報の発信を行っています!